古金銀の買取について、おすすめ買取会社や買取相場紹介

金や銀を用いて作られた江戸時代の通貨の古金銀は、時代や素材から見ても高価で買取ってもらうことができます。
ただ、多くの種類がある古金銀は、名称や状態によっても価値が大幅に変動しますし、素人では種類を見分けるのは困難です。
そのようなこともあり、信頼できる古金銀買取会社を選択するのはもちろん、古金銀の相場などについてある程度知っておくと、スムーズな取引が期待できます。

古金銀の買取について

満足できる金額で古金銀を買取ってもらう為には、古金銀について理解しておくことも大切です。
ここでは、おすすめの古金銀買取会社と合わせて、古金銀とはどんなものなのか、古金銀の種類や買取相場、査定のポイントなどをわかりやすくご説明します。

おすすめの古金銀買取会社古金銀の高価買取で人気がある、おすすめの会社をご紹介します。 買取プレミアム

買取プレミアムは、古金銀や穴銭に関する買取価格に定評がある、少しでも高く売りたいという人におすすめの買取会社です。
買取プレミアムは、顧客対応についての評価が高いことでも人気です。
女性の査定員も在籍していて指名も可能なので、初めての人でも安心して利用できます。
古金銀について知り尽くしている熟練の査定員が、価値を見逃すことなくしっかりと鑑定をしてくれます。
国内外の古金銭マーケットを通じて、最も高値になる販路を確保しているので、お客様へ最大限に還元してくれます。
アフターフォロー体制も万全な、満足できるサービスを提供してくれる買取会社です。

福ちゃん

福ちゃんは、古金銀の専門査定員が在籍している、買取実績が豊富なことでメディアでも紹介されている古金銀買取会社です。
福ちゃんでは、他社で断られた品物や、傷や汚れなどがある状態が良くない品物でも、しっかりと査定をしてくれます。
さらに、高値がつく理由や買取不可な理由などを査定時に詳しく説明してくれるので、納得できる取引ができます。
広告塔にタレントを採用しているだけあって認知度が高く、買取業界の中でも高く評価されています。
国内のみならず海外にも豊富な販路があるので、幅広い古金銀の高価買取が可能です。
安心で便利なサービスを提供することをモットーとしている、気軽に利用できる買取会社です。

古金銀とは?

古金銀は、江戸時代の中期から明治時代までに通用していた、金や銀を素材として作られた金貨や銀貨の総称です。
古金銀はとても貴重で価値が高いのですが、発行された時代や保存の状態によっても大幅に上下しますし、種類によっても価値はまちまちです。
古金銀には、このような種類があります。

・一分金

江戸時代から明治初期にかけて使われていた、純度の高い金で作られた長方形の金貨です。
数種類ありますがデザインは共通していて、レアで価値の高い金貨です。

慶長一分判金、元禄一分判金、宝永一分判金、正徳一分判金、享保一分判金、元文一分判金、文政一分判金、天保一分判金、安政一分判金、万延一分判金、

・二分金

江戸時代に通用されていた金貨で、慶長時代から明治初期までに作られた物です。価値が高く、コレクターの間でも人気が高い金貨です。

文政二分判金(真文二分半)、文政二分判金(草文二分半)、安政二分判金、万延二分判金、明治二分判金

・一朱金

江戸時代に流通していた金貨で、金の含有率は12%です。
一朱金は1種類しかなく、希少価値が非常に高い金貨です。

文政一朱金

・二朱金

一朱金と同じく、江戸時代に流通した金貨です。
金の含有量は一朱金ほど多くはないのですが、希少性が高い元禄二朱金は非常に高い価値があります。

元禄二朱金、天保二朱判金、万延二朱判金

・一分銀

江戸時代に作られて流通した銀貨で、流通していた時代によって買取相場が変動します。
複数の種類がありますが、全ての銀貨の裏面に花押の刻印があります。

天保一分銀(古一分銀)、安政一分銀(新一分銀)、明治一分銀

・一朱銀

江戸時代後期に流通していた銀貨の一つで、計数貨幣として発行されました。
二朱銀よりも後に登場した物です。

文政南鐐一朱銀、嘉永一朱銀、明治一朱銀

・二朱銀

江戸時代後期に流通した、縦に長い形をしている銀貨です。
流通していた期間が短くて希少価値が高く、高価買取が期待できる銀貨です。

安政二朱銀

古金銀の買取相場

古金銀にはいろいろな種類があり、保存状態や希少性などによって買取価格が変動します。
現存数が多い古金銀は数百円という安値の物もあり、希少性が評価される古金銀は百万円以上の高値がつくケースもあります。
ここでは、主な古金銀の種類別の買取相場をまとめてみました。

1万円以上

名称、状態など 買取価格
慶長一分判金、希少 50万円以上
元禄一分判金、美品 20万円以上
宝永一分判金、希少 15万円以上
正徳一分判金、美品 50万円以上
享保一分判金、美品 8万円以上
元文一分判金、普通 3万円以上
文政一分判金、美品 1万円以上
天保一分判金、美品 3万円以上
安政一分判金、美品 30万円以上
万延一分判金、希少 15万円以上
文政二分判金(真文二分半)、美品 10万円以上
文政二分判金(草文二分半)、美品 10万円以上
安政二分判金、美品 2万円以上
万延二分判金、美品 10万円以上
明治二分判金、美品 8千円以上
文政一朱判金、希少 7万円以上
元禄二朱判金、希少 50万円以上
天保二朱判金、美品 5千円以上
万延二朱判金、美品 5千円以上
天保一分銀、普通 6千円以上
安政一分銀、美品 5千円以上
明治一分銀、美品 4万円以上
文政南鐐一朱銀、普通
嘉永一朱銀、美品 1万円以上
明治一朱銀、普通 5千円以上
安政二朱銀、普通 20万円以上

古金銀の査定ポイント

古金銀を高価で買い取ってもらう為には、査定時のポイントを知っておくことも大切です。

保存状態

変色やサビがあると、状態が良い古金銀と比べると買取価格が下がってしまいます。
ケースなどに収納して、状態が保てるような場所に保存することをおすすめします。

付属品の有無

鑑定書やケースなど、付属品の有無によっても買取価格が変動します。
付属品は処分しないで保存して、査定時には全て提出しましょう。

希少性

エラーコインや発行枚数が少ない物など、希少性が高い物ほど買取価格は高価になります。

金銀の買取相場

金貨や銀貨である古金銀は、貴金属の買取相場も買取価格に関係してきます。
金銀の買取価格が高額な時に査定に出すと、さらに高価買取が期待できます。

古金銀を高く売るコツ

古金銀を高価買取をしてもらう為には、高く売るコツもしっかりとチェックしておきましょう。

・実績が豊富な古金銀買取業者に査定を依頼する
・保存状態が良いうちに買取依頼をする
・全国対応の買取業者を選択する

古金銀は素人の目では判断できない物も多く、正しい査定をしてもらう為には、信頼と実績がある、熟練した専門の査定士が在籍している買取業者を選ぶことが大切です。

そして、古金銀の買取価格というのは、保存状態によって大きく変動します。
そのままにしておくと酸化して状態が悪くなる可能性がある為、状態が良い時にすぐに査定をしてもらいましょう。

状態が良い時に迅速な対応をしてもらう為にも、全国対応をしている24時間365日問い合わせができる買取業者を選ぶことをおすすめします。

古金銀買取のQ&A

古金銀の買取について、よくあるQ&Aをご説明します。

ボロボロだったり汚れがひどくても売れる?

古金銀は、汚れているからといって洗ったりクリーニングをすると、傷がひどくなって価値を下げてしまう可能性があります。
状態が悪くても買取可能な古金銀もありますから、そのままの状態で査定をしてもらいましょう。

買取不可の場合はある?

古金銀の状態や在庫状況が理由で、店舗によっては買取不可となる可能性もありますもあります。
ただ、他店で買取不可だった物も、しっかりと査定をして値段をつけてくれる店舗はありますから、査定に出す時には、古金銀買取実績が豊富な信頼できる店舗を選びましょう。

コメント